ICタグ

ICタグの特徴

【ICタグ】非接触-接触しないで、読取り/書込みが可能。 複数一括読取-複数のICタグを一度に読取ることができる。 ユニークID-ひとつひとつの認識番号を持つため個別管理が可能。 環境耐久性-汚れ、振動に強く長期使用が可能。 被覆性-遮蔽物が間に入っても認識が可能。 書換可能-新たな情報を加えたり書換えが可能。 移動体検知-移動していても読み書きが可能。 多様性-使用環境に合わせたサイズや仕様に加工が可能。

ICタグとは?

ICタグとは、ICチップとアンテナを組み合わせて、無線により情報を読み書きしていく小型装置を埋め込んだタグのこと。

商品識別等、さまざまな「情報」を記録しておく、「IC(集積回路)チップ」と、無線通信用の「アンテナ」を組み合わせた「インレット」を組み込んだ「タグ」をICタグといいます。
現在、使用されているバーコードやQRコードよりも優れている点があり、流通の仕組みや効率を根本的に変える技術とされています。

ICタグの構成

ICタグを動かすには、「ICタグ」と「リーダ/ライタ」、「ホストコンピュータ」のハード構成と「運営システム」が必要です。

リーダ/ライタが電波を発します。
その電波(整流)がICタグのアンテナに電力を発生させます。
発生した電力はICチップを起動させ、
必要なデータ処理が行われます。
発生した電力はICチップを起動させ、 必要なデータ処理が行われます。
ICタグ内のデータを電波でアンテナから
リーダ/ライタへ返信します。

バーコードとの違い

種類 書換え 遮蔽時の通信 複数同時通信 耐環境性
(汚れ)
情報の書込み 個体識別 コスト
ICタグ
可能 可能 可能 強い 可能 可能 高い
バーコード
不可 不可 不可 弱い 不可 不可 安い
2次元コード

不可 不可 不可 弱い 不可 不可 安い


ページのTOPへ
ICタグ周波数による分類

ICタグは使用する周波数帯により、さまざまな特徴があります。

周波数帯 長波(LF) 短波(HF) 極超短波(UHF) マイクロ波
135KHz未満 13.56MHz未満 860MHz〜960MHz 2.45GHz
通信方式 電磁誘導方式 電波方式
通信距離
(パッシブ)
1〜10cm 1〜30cm 2〜5m 2m
特 徴 ●指向性が広い
●水分・金属の影響を受けにくい
●ノイズの影響が大きい
●通信距離が短い
●指向性がやや広い
●水分の影響受けにくい
●金属の影響やや受けやすい
●ノイズの影響を受けやすい
●通信距離が長い
●指向性が広い
●水分の影響やや受けやすい
●金属の影響やや受けやすい
●指向性が狭い
●水分の影響受けやすい
●金属の影響やや受けやすい
●無線LAN、Bluetoothとの 干渉がある
活用例 ●家畜管理
●回転寿司の皿(精算)
●イモビライザー(車両電子キー)
●水産物トレーサビリティ
●交通系カード
(Suica、PASMOなど)
●入退管理
●図書管理
●アパレル
●物流管理
●在庫管理
●航空手荷物
●自動車料金収受システム
(ETC)

ページのTOPへ


ICタグの課題点

価格が高い 読取精度の問題 システム機器/タグの干渉 環境設定の問題 プライバシーの問題 ICチップ自体が外部圧力に弱い 金属や水の影響を受けやすい ユーザー啓蒙とグローバルスタンダード化


ページのTOPへ



           

プレスリリース プライバシーポリシー